FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ハルカの目について。

.26 2012


書こうかどうか迷いましたが、これも記録になるので書かせてください。
あまり気にせず、スル~ッと読んでいただければ幸いです☆



先日、ハルカを連れて眼科へ行ってきました。
(もちろんモモカも連れて。得意のWithおばあちゃん)
実は2人が生まれて間もなく、私にはどうしても気になる事がありました。



それは、ハルカの目の動き。



普段はなんともないのですが、寝起きの時やぼーっとしている時など、ふとした瞬間に左目が外側に向いているというもの。
いわゆる、間歇(かんけつ)性斜視
周りは、
「そうかな~?気のせいじゃない?」と言う人もいれば、
「あぁ、うん、そうだね。」と、言う人もいました。
ちなみにブログでの写真はきちんとコチラを向いている事が多いので、分かりにくいかもしれません。
母親だから。。。
という事もあるとは思うんですが、ハルカの斜視に気付いたのは生後間もなくしてから。
でも本当は、2人が生まれる前からずーーーっと心配していた事なんです。



と、言うのも、私自身が間歇(かんけつ)性斜視です。
ハルカとまったく同じ。
寝起き、ぼーっっとしている時、あとはひどい睡眠不足の時。
自分では気付いていませんが、(多分)目が寄ってると思います。
それからもう1つ。
私の場合は、生まれつきの斜視による、左目の弱視もあります。
生まれてこの方、両目でまともに物が見えた事がございません。
昔、3D絵本って流行ったじゃないですか!(いつの話だよ)
あれ、どうやったって無理ですから。
あんた、ケンカ売ってんの?っていうね。
もちろん、小さい頃に眼科は通っていました。
母に連れられて行った事、今でもよく覚えています。
しかも私の場合は幼い時、恒常性外斜視(ほとんどずれっぱなし)だった為、母はひどく気にしたそう。
あいにく、幼稚園でもマリア様の目にイタズラするようなとんでもないガキんちょだったので、いたって本人は元気でございました。
ただ、幼い頃の写真はほとんど目が寄った状態で写っています。
大きくなって「弱視」というものが分かった私。
弱視って、小さい頃にきちんとメガネで矯正したり視能訓練をすると回復は可能なんですよね。
でも、私は弱視のままです。
なぜ?
そう、、、、Why?ですよ。
で、母に聞いた事がありました。
すると母・・・・、


「手術で斜視は治るって言われたけど、大阪まで行かないといけないって言われてやめたのよ」
・・・と。
そこ、やめるなよ。っていうね。



しかも、
「弱視はメガネがなんたらかんたら言われたけど、えーい、もういいや。って」





母の乳歯が虫歯だらけだった原因を聞いた時も、
「あまりにも泣くから、途中から磨くのを止めたのよ」と、とんでもない事実(?)を暴露した母ちゃん。




まぁ、、、私の育った場所が奄美大島というのも仕方のない事実。
今では医療も進んでいますが、当時は離島が故に、大きな手術はできなかったってわけ。
これもまた人生。
そして、個性。

自分の境遇を恨んだりはしていません。




ただ、自分の子供にだけは・・・・・・・。
という思いはすごく強かったです。
なので、ハルカの目に気付き始めた頃、
(やっぱり・・・・・・・だよなぁ・・・・)
と、思っていました。
やがてそれが確信に変わったのは、先日の発達外来卒業の時でした。
2人の主治医だった先生が、
「えっと、ハルちゃんの目がちょっと斜視気味なのかな・・・」と。




母、心の声「・・・・・・ですよねぇ。」




いや~、お医者さんに言われるとズドーンときますな。
バコーンとね、ゴーン。とね。
・・・・・・・・・・・・一緒か。
で、その主治医に、
「早目に行くといいと思うので、近くの眼科に行ってみるといいですよ」と言われていました。




で、やっと都合がついたので先週末に行く事ができたんです。(遅)




行ったのは、近くの総合病院。
小児眼科を探したんですが、、、、ない。
普通の眼科しかない。
埼玉県内の小児眼科専門って、小児医療センターしかないんです。
しかーし、あそこは紹介状なしでは行けないところ。
まぁ、発達外来の先生も「まずは普通の眼科を受診してみて、そこで(小児眼科への)紹介状を書いてもらうといいですよとおっしゃってたので(そうしてもらうかな。)という安易な気持ちで病院へ。




ところが。。。。




結論から言うと、もらませんでした。
と、いうより「書いてください」という雰囲気にさえならず、
始めに視力検査?をしてもらった視能訓練の方には、
「外斜視は治らないので様子を見ていくしかないです。どなたから眼科へ行ってくださいと言われたんですか?」とまで言われました。
母、ここでちょっとムッとする。
母「未熟児で生まれて発達外来に通ってたんですが、そこの先生に言われました」
視能士「うーん、でも、もう少し大きくならないと分からないかなー。言葉がうまく話せないと、視力も測れないですからね。近視の傾向はあまり見られないので、多分、今のところ弱視の可能性は薄いと思いますけど・・・」
母「なんか、早ければ早いほどいいって聞いたんですけど・・・」
視能士「それはないですねーーーーー」




・・・・・・・・・・・ホントか?




視能士「このあと先生の診察がありますから、一応相談してみてください」
との事。
まぁ、先生に直接相談するしかないか。と思ったので、診察を待ちました。




・・・・・・・・・・・が。




診察にあたった先生、母をもっとムッとさせるヤロー人でした。女医さんですけど。
先生「うーん。確かに、横を向かせた後の目の戻りは遅いかなー。眼底検査をしてみようか。それに異常なければ、特にやる事はありません。目の戻りが悪いと、脳の病気の可能性も否定できないんだけど


母「・・・・・・・・・・・え?」


先生「でも、CTやらMRIってなると、これだけ小さいと全身麻酔が必要だしね」


母「・・・・・・・・・・・え?」


先生「ま、とりあえず、眼底検査しましょうか。あ、今日はダメだわ。来週、、、えーーーっと何日が空いてたかな」


母「・・・・先生、眼底検査をしたら、脳に異常があるかどうかと分か・・・」


先生「分かりませーん!」




はい、、、、、終了~。(母、質問さえできず)



しかも「分かりませーーん!」って伸ばしよった。










・・・・・・ブチッ←母のアレが切れた音。










なに、その言い方。
来週検査になったのは、お前さんのお昼時間がなくなるからなんだな?
あ?
そうなんだな?





イライライライライライラ・・・・・・。





最後はにっこり般若の笑顔を見せつつ、診察室を後にしました。





えぇ、もう2度と来ませんわ。(ニッコリ)





もし差し支えなければ、診察室前にお塩を撒いてもよろしくて?(ニッコリ)←差し支えあります。







はぁ。。。。。
なんていうか、、、、、不思議と病院の先生にはあまり恵まれない母。
2人の発達外来の先生はすごくいい人だったんだけどな~・・・・あそこで運を使い果たしたのか?
帰ってきて旦那とも話しましたが、セカンドオピニオンかな。
というところ。
一応眼底検査の予約は入れましたが、キャンセルしようと考え中です。
それにしても。
病院の先生って、本当に相性ですねー。
今回の先生は人の目を全然見ようともしない人で、見るからに冷たい感じ。
まぁ、アレですわ・・・・・・・、ハズレ






ハハン。
どうでもいいけど、、、、、待ち時間返せ、コラ。怒
ついでにガソリン代も。(今、高いんだって、マジで)







なんていうか、様子見ならそれはそれでいいんです。
ただ、言い方ってあるじゃんか。
ひと言で言えば、
信用できん!わけです。
ちゃんと患者の目を見て話して、納得のいく説明をしてくれればそれでいいんですよね。
それさえもできないような医者には見てもらわなくて結構ですわ。
あはーーーーーーーーーん。



それにしても・・・・・。



そんなにお腹が空いてたのか?(しつこい)
食堂の限定ランチに間に合わないから焦ったのか?(知らんけど)










小さい頃、
「どこ見てんの?」
と、よく言われました。
子供は悪気がないと分かっていても、何度か泣きそうになったのを今でも覚えています。
大きくなるにつれズレる事はあまりなくなりましたが、それでも人と話している時に、その人が(????)という顔で後ろを振り向く時があります。
そういう瞬間に(あ。。。今、私の目、ズレてるんだな・・・)と気付かされます。
傷つく事はなくなったけれど、やはり今でも私の最大のコンプレックスでもあります。




だから。
私にとってはハルカの目がとても気がかりです。
来年になったら、きっと幼稚園に行く事になる。
そこでもしお友達に指摘されたりして、傷付くような思いをしたらどうしよう。
モモカ、守ってくれるかな。
大丈夫だよ、ハルちゃん。って言ってくれるかな。
最近3人で出かける時、歩かなきゃいけない時、2人でちゃんと手を繋げるようになりました。
どちらかが離そうとすると、もう一方が
「てって!てって!」
と言ったりします。



もう、本当にかわいいんですよ・・・・・。←はい出た、親バカ。



今週の木曜日で2歳になるはるもも。
お互いを思いやる事のできる2人になってくれるようにと、、、願うばかりです。










おっと・・・・・。
なんだかシメっぽくなってきたので、最後にはるもも写真でお別れしませう。





先週、お友達のK君と児童館へ。


おやおや、、、はるもも宅へK君が訪問してきたようですよ?
変3.26.2
K君「遊びにきたよー」
はるもも「あ!K君ーーー♪」




・・・・・・・・待て。




目を疑うような散らかりっぷり。
変3.26.3
はるももの将来が恐ろしくなる・・・。



帰りに寄った、スーパーのゲーセンにて。。。
変3.26.1
動いてもいないのに、ギャーギャー騒ぐ方々。



おばあちゃん、驚異の2人おんぶ現場!!!
変3.26.4
あの、、、やめておいた方が・・・・。




あ、、、、そうそう。
先日出かけたスーパーでこんなものを見つけました。


じゃっじゃじゃーーーーん♪(いちいち古い)
変3.26.5
その名も☆はるか☆
みかん?グレープフルーツ?



夕飯の後に出そうと思い撮っていたら、よこせよこせコール。



それではまず、同名のはるか氏へ。
↓↓↓

ハルカ「あかない、あかない・・・」
変3.26.6
どうでもいいから早く開けろと要求のハルカ氏。



それを見ていた、我が家の大将・・・。
↓↓↓

モモカ「ちょっと、ズルい!」
変3.26.7
旦那の膝から、突如飛び出す。
どうやら、ハルカにだけあげるに違いないと思ったらしい。
食い意地モモカ嬢を甘く見るな!


見た目から、すっぱいのかな~???と勝手に思っていた母。(すんません)
剥いてみてびっくり!!!
なに、この甘さ!
自然体ってこういう事を言うんですね。
なんていうのかな、、、、、
雨上がりの森の奥で、小さな甘い果実を見つけたよ。的な。
(なんだそれ、全然分からん)
果肉はグレープフルーツにそっくりです。
(ちょっと消化は悪いかも・・・・)
名前に惹かれて買ってみただけですが、それでも大正解♪
もしスーパーで見つけたらオススメです♪(注:ちょいと高いですが・・・)



さぁ、最後のシメは我が家のお笑い担当にお願いしませう!



モモカ「履けたーーーーー!」
変3.15.8
オムツ丸見え。でもいいんです。



だってこの人・・・・・。
変3.15.9
オムツONオムツ。
オムツの上にオムツ。



モモカさん、ありがとう。
あなたのおかげで、今日も平和です。笑



今日もお付き合いありがとうございました。
応援ポチ、更新の励みになっています♪
最後に双子ボタン↓をポチッと応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

お暇な方は、コチラ↑もクリック♪

いつも読んでくださってありがとうございます。

trackbackURL:http://harumomo0329.blog55.fc2.com/tb.php/203-28b4554d

プロフィール

♪福ちゃん♪

Author:♪福ちゃん♪
2010年3月29日誕生の1絨毛膜1羊膜で生まれた双子、遙花と百花を中心とした我が家のドタバタ日記。
2人の行動や私のひとり言~くだらない事までおもしろおかしく綴ります。写真もたっぷり掲載中♪

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


◆ブログランキング◆

ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村
訪問ありがとうございます! ポチッとクリックして頂けると励みになりとっても嬉しいです♪ よろしくお願いします!!

メールフォーム

☆はるもも☆や双子妊娠についての質問がある方は、 こちらから御連絡下さい♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

最新コメント

☆仲良しブログ☆

このブログをリンクに追加する ~お願い~ リンクに追加される方は、ひと言、コメントでもメールフォームからでもいいのでご連絡をお願いします。

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。